ごみと青い岩

FOVEONで振り返る赤城山大沼

f:id:blue_rock53:20220129222255j:plain

 

2月に投稿したこちらの赤城山 大沼の記事。

blue-rock53.hatenablog.com

 

実はこの時はK-3とSIGMADP2を持ち込んでいた。

DP2の写真での投稿を忘れていたのだが、春にようやく投稿。

f:id:blue_rock53:20220129222313j:plain

 

やっぱりFOVEONが出す味わいは全く違う。

f:id:blue_rock53:20220129222335j:plain

そうそう。こんなに氷の上に雪が積もっていたんだよな。

そして、やっぱりこの雪の質感が良きだ。

 

少ししゃりっとしているけど、砕くとフワフワな雪。

そんな当時触った実際の感触が思い起こされる。

f:id:blue_rock53:20220129222342j:plain

 

FOVEONヴェルナー。

f:id:blue_rock53:20220129222414j:plain

 

ここでもやっぱり毛の質感にうっとり。

f:id:blue_rock53:20220129222434j:plain

頭の辺りはもちろん、脚の辺りのモフっとしているヴェルナーのトリミング前の感じが良く分かる。

 

ヒゲを撮ろうとしたらうまく回避されてしまった図。

DP2に動くヴェルナーを撮る力は残念ながらない。

f:id:blue_rock53:20220129222441j:plain

でも、これはこれで脚の毛のフワッと感も伝わりやすい。

 

湖の氷もどうだろうか。

f:id:blue_rock53:20220129222524j:plain

たくさんの気泡が閉じ込められている。

 

日に照らされた氷が光る。この反射の具合もまた良い感じ。

やっぱりこのカメラの質感を現実のままにありありと写す力がすばらしい。

f:id:blue_rock53:20220129222534j:plain

 

そうですか。んで、満足ですか?

f:id:blue_rock53:20220129223434j:plain

はい、満足です。お付き合いいただきありがとうございます。

 

ということで、FOVEONでも凍った赤城山 大沼を存分に楽しんだ。

手軽に持ち歩けるサイズにこの写り。やっぱりすばらしい魅力に溢れたカメラだ。

f:id:blue_rock53:20220129224101j:plain

 

では、本日はここまで。