ごみと青い岩

愛知県岡崎は村積神社でミニハイク

f:id:blue_rock53:20220109151903j:plain

愛知県という場所は、私にとっては全く馴染みのない土地。

ところがどっこい、結婚した都合もあって年末は愛知に行っていた。

 

合間を見つけて愛知の神社・寺巡りをしてきたのでご紹介。

 

 

凄まじい急登を越えて

三河富士とも呼ばれる村積山。その頂上にあるという村積神社。

 

山の頂上にある神社ってそそられる。そそられない?

 

しばらくはこんな車道を歩いていく。

f:id:blue_rock53:20220109152000j:plain

釣り堀池だって。そんな池があるんだなあ。

キャッチアンドリリース必須との看板もあった。

f:id:blue_rock53:20220109152535j:plain

 

弱い光にうっすらと照らされるシダ植物、いい感じだ。

f:id:blue_rock53:20220109152012j:plain

根っこもいい形。

f:id:blue_rock53:20220109152031j:plain

こういうのを見ると坂を上がる元気も湧いてくる。

好きなんだなあこういう陰影の出方。

 

写真からは分からないが、結構な斜度がついている。

マイケル・ジャクソンの斜めのやつが余裕でできる。

f:id:blue_rock53:20220109152045j:plain

 

おや常緑樹さん、ご声援ありがとうございます。

f:id:blue_rock53:20220109152413j:plain

 

深緑の中頂上に鎮座する姿に見とれる

んんん???これは…彫られている…のか?

f:id:blue_rock53:20220109152113j:plain

この謎の彫刻が見えると、ついに神社の登りへの入り口。

f:id:blue_rock53:20220109152144j:plain

あれ!これ岩じゃなくて土だ。ぽろぽろと削れてしまう。

よくあの彫刻は残っていたな。

f:id:blue_rock53:20220109152208j:plain

 

さすがに息が切れる登山道という感じで、ふうふうとしっかり息を吐く。

昔、実家の近所の山道具屋さんに、山もクライミングもしっかり息を吐き切るのが大事だぞと教わったのをこういう時に思い出す。

 

そうなんだよね。息を吐き切れば勝手に吸うから。

 

そんな昔話を思い出しながら歩いていると、ついに鳥居が見えた!

f:id:blue_rock53:20220109152230j:plain

かっこいい登場の仕方じゃないですか!

 

ここ村積神社が創建されたのは、推古天皇の時代と言われている。

f:id:blue_rock53:20220109152245j:plain

 

創建に関わったのは、大和朝廷の有力者だった物部守屋の次男 真福(まさち)といわれている。

f:id:blue_rock53:20220109152409j:plain

大陸から仏教が伝来した際、がんがん導入してこうぜ派の聖徳太子蘇我馬子に対し反対し、対立したのが物部守屋だといわれている。

f:id:blue_rock53:20220109152304j:plain

物部氏はこの対立で都を追われ、物部守屋の次男 真福は三河にたどり着いた。

そこで、真福寺とここ村積神社を創建したと言われている。

 

f:id:blue_rock53:20220109152259j:plain

 

なぜ真福はここ村積山を選んだのだろう。

三河富士と呼ばれるくらいだから、形も綺麗だってことで信仰の対象になっていたのだろうか。

 

f:id:blue_rock53:20220109152309j:plain


ちなみに、真福って絶対「まさち」って読めないよね。

こんなに打っておきながら、毎回「しんぷく」って読んでる。

 

f:id:blue_rock53:20220109152351j:plain

 

あれ、本堂の奥に行ける場所がある。

 

f:id:blue_rock53:20220109152507j:plain

 

わお展望台だ。岡崎の街が一望できる。

ここを目当てに登ってくる家族連れもいたので、地元ではそれなりに有名なのだろうか。

f:id:blue_rock53:20220109152517j:plain

 

ということで、次回は真福が建てた真福寺に向かう。

 

本日はここまで。

 

 

ドッグラン初めは船橋アンデルセン公園で

f:id:blue_rock53:20220109140748j:plain

 

ヴェルナーと共に里帰りしていた正月だったわけだが、飼い主の正月太りも気になる所。

あの船橋アンデルセン公園にもドッグランができているので、正月早々行ってみた。

 

 

いつの間にか超人気スポットになった場所へ

いまや千葉県民以外にも名前が知られる超人気スポットになったアンデルセン公園。

子供の頃はよく遠足で行ったりとなじみ深い公園。

 

知らぬ間に人気スポットになってしまって。

そして、知らぬ間にドッグランも出来ていた。

 

しかし、あくまでアンデルセン公園とは別施設という事で、駐車場代と施設利用料のみ支払えばよい。

アンデルセン公園の入場料は要らないのだ!!!ありがたい!

 

www.park-funabashi.or.jp

 

でも、アンデルセン公園自体は愛犬とは入れないのでご注意を。

 

受付で必要書類を記入して、300円(安い!)を支払い入場。

駐車場は500円なので、合計800円で利用できるのは非常にありがたい。

 

ということでやってきた。

f:id:blue_rock53:20220109141634j:plain

ここは小型犬専用ゾーンで、他に大型犬用と無差別級ゾーンの2つで計3エリアある。

 

これで800円はありがたいなあ!森林公園とも全くそん色ない広さだ。

犬の鑑札と狂犬病の注射済み票の装着は必須なのでお忘れなく。

 

f:id:blue_rock53:20220109142201j:plain

新年一発目のドッグランいかがですか?

 

f:id:blue_rock53:20220109142243j:plain

こちらおニューのセーターでございます。

「俺のセーターと同じくらいなんだよな…」と値札を見て呟いたのは記憶に新しい。

 

f:id:blue_rock53:20220109142458j:plain

 

良い感じに楽しめてそうだね。

f:id:blue_rock53:20220109142532j:plain

 

成長とともに

ついにヴェルナーも11か月ということで、来月にはいよいよ成犬。

はやいなあ。

f:id:blue_rock53:20220109142858j:plain

最近は成長と共に甘えん坊具合も加速している気がする。

 

ドッグランで他の犬が私たちのところにやってきて可愛がられていると、

めちゃめちゃ嫉妬してくる。

f:id:blue_rock53:20220109143050j:plain

 

やたらに身体をこすりつけながら、「僕も撫でてよ」と言わんばかりに存在をアピールしてくる。

 

f:id:blue_rock53:20220109143155j:plain

だいぶ大人っぽい表情も見せるようになってきたのになあ。

f:id:blue_rock53:20220109143340j:plain

そんなことない?

 

いやいや。だってすぐに飼い主を見失うとそわそわしてますよ最近。

 

↓必死に飼い主を探すヴェルナー氏。

f:id:blue_rock53:20220109143412j:plain

 

では、引き続きヴェルナー共々今年もよろしくお願いいたします。

 

f:id:blue_rock53:20220109143651j:plain

 

初詣2022 続コロナ禍の成田山新勝寺

f:id:blue_rock53:20220102221734j:plain

 

明けましておめでとうございます!

ということで、毎年恒例の成田山新勝寺への初詣を済ませてきた。

 

去年に引き続きコロナ禍の初詣となったわけだが、今年の様子は少しいつもの姿に戻りつつあるようだった。

 

 

去年の様子はこちらで。

 

blue-rock53.hatenablog.com

 

まずは本堂でお参りを

さて、午前5時頃に到着して初詣を開始。

f:id:blue_rock53:20220102221811j:plain

まだお店もようやく開き始める頃だが、参拝客は多め。

やっぱりコロナになってからこの時間帯の人数は増えた気がする。

 

何度書いてるか分からないけど、この開店前の出店や参道の雰囲気が好き。

f:id:blue_rock53:20220102221914j:plain

 

やべ、これ去年も同じ構図で撮っていた。まあ今年はカラーなのでヨシ。

f:id:blue_rock53:20220102222113j:plain

 

見慣れたこの景色。いや~正月だ。

この景色を見ないと正月って感じがしないなやっぱり。

f:id:blue_rock53:20220102222133j:plain

ひえ~もう令和も4年ってほんと?

f:id:blue_rock53:20220102222146j:plain

この日は風もなく、気温は低いがそこまで寒く感じなかった。

それでも昔に比べたらだいぶ暖かくなった気がする。

f:id:blue_rock53:20220102222233j:plain

昔はよく路面も凍っていたけど、10年以上そんなこともない。

 

続々と参拝客が上がってくる。そして、静かな夜明け前の成田山にたくさんの人々の歩く音が響く。

f:id:blue_rock53:20220102222308j:plain

 

今年はヴェルナーも初お参り。ちなみに、成田山新勝寺の境内はリードをつけていれば一緒にお参りできる。

f:id:blue_rock53:20220102222853j:plain

しかし、ヴェルナーはお坊さんに未知の力を感じるのか怖くて震えていた。

 

まったりと境内と参道を歩く

本堂よりもさらに奥にある光明堂や平和大塔方面へ歩く。

 

ここは人が少なく、風も通るのでとても寒い。

でも、この静けさは何度来ても良いですな。

f:id:blue_rock53:20220102222817j:plain

大塔の名も伊達ではない大きさの平和大塔。

f:id:blue_rock53:20220102222832j:plain

 

さて、お楽しみの参道方面へ向かおう。

 

まずは出店を見て回る。それが大事。

f:id:blue_rock53:20220102222921j:plain

別にスーパーにだってあるようなものもあるのだけれど、なぜかここで買いたくなる雰囲気がある。多少高くたって「正月だもんね」と言って現金を出す。

 

これがいいんだ。もう最近現金なんて使わないけど、こういう時の買い物は全然現金が苦にならないんだな。

 

f:id:blue_rock53:20220102222934j:plain

 

子供の頃からの常連の射的屋で遊び、表参道の方へ向かう。

今年は射的の成果がダメダメ。腕がなまっておるな。

 

そんな時はせんべいを食べよう。この香ばしい醤油の香りたまらんね。

f:id:blue_rock53:20220102223002j:plain

そういえばすっかり日が昇った。

f:id:blue_rock53:20220102223031j:plain

うなぎは大繁盛。いいね~正月うなぎっていつかキメてみたい。

言い方が下品なのでこんな人間は食べられないか。

f:id:blue_rock53:20220102223115j:plain

あ~もう正月も終わってしまう。

私の一番好きなイベントなのだけれど、年の一番最初に来てしまうのが悩みの種。

f:id:blue_rock53:20220102223139j:plain

 

また来年を楽しみに今年も頑張ろう。

今年もよろしくお願いいたします。

 

過去の初詣記事はこちら。

 

blue-rock53.hatenablog.com

 

blue-rock53.hatenablog.com

 

blue-rock53.hatenablog.com

2021年の記憶に残ったローカルスポット振り返り

f:id:blue_rock53:20211231100136p:plain

 

ついに2021年も終わり!

あ~今年は本当に大変な1年だったな。

そんな中でもいろいろな場所に行っていたので、なるべくローカルなスポットで記憶に残った場所を選び振り返る。

 

有名どころは行きつくしてしまった!という方や、有名スポットと有名スポットの間の箸休め的な場所をお探しの方にもおすすめ。

北関東限定だけど…。

 

 

1. 茅葺屋根の小峰神社

最初はこちら!神社・お寺の中では今年行った中では一番印象に残った場所だ。

blue-rock53.hatenablog.com

 

行くのも大変ではあるのだけれども…。

独特の茅葺屋根の本堂に、厳かな雰囲気はとても素晴らしい。

 

そして、隣接する古峰園にもぜひお立ち寄りを。

 

2. SDカード忘れで寄り道しまくった宮の桜

続いては、今年唯一見れた桜。

blue-rock53.hatenablog.com

 

この時はSDカードを忘れて1時間近く寄り道をした思い出の桜。

もちろん、この桜のトンネルがとても美しかったからこそ記憶に残っているのだが。

 

来年こそは、のんびりと色んな桜を見に行きたいものだ。

 

3. 素朴で等身大な城下町 群馬県甘楽町

3つ目はここ群馬県は甘楽。

blue-rock53.hatenablog.com

 

大きな天守閣が残る城があったり、人がごった返すお土産屋通りがあったりするわけではない。

江戸時代からの息遣いを感じながら、のんびりと町を歩くのにピッタリだ。

普通の観光地は飽きたなあという方におすすめ。

 

4. そのままの学校が残る旧花輪小学校記念館(群馬県

最後はここ。小学校がそのまま残る旧花輪小。

blue-rock53.hatenablog.com

 

ここは、ご家族でもお手軽に行きやすい場所かもしれない。

教室に入るだけで大人はテンション上がってしまうぞ。

 

 

番外編:来年もヴェルナーと共に

 

そして、今年は結婚もして所帯持ちになり、ヴェルナーという新しい家族を迎えた。

気づいたら11本もヴェルナー関係の記事を更新していた。。。

 

blue-rock53.hatenablog.com

 

来年も4本足とも一緒に様々な場所へ行きたいと思う。

許される環境になっていて欲しいなあ。

f:id:blue_rock53:20211029170550j:plain

 

御礼  今年もお世話になりました

最後に今年一年本ブログをお読みいただいた皆様、誠にありがとうございました。

今年の中で読者登録を頂いた皆様もありがとうございます。

 

このように雑多なブログではございますが、来年もお付き合いいただけますと幸いです。

そして、皆様のブログも楽しみに読まさせて頂きます。

 

 

それでは、良いお年を!

 

戦国時代の山城を歩く~群馬県太田市 金山城~

f:id:blue_rock53:20211219213507j:plain

 

群馬に来てから何度か行っているのだが、改めてブログに書くのは初めて。

戦国時代の山城跡が残る群馬県太田市金山城跡だ。

 

これも10月の写真なのだが、せっかくなので今年のうちに。

 

 

攻めろ!不落城!

1469年、時は戦国時代。新田氏の一族であった岩松家純によって築かれた金山城

 

www.city.ota.gunma.jp

 

shirobito.jp

 

戦国の世に建てられた山城である金山城

幾度もの攻撃を退いてきた不落城として名をはせる。

f:id:blue_rock53:20211219213534j:plain

金山自体は公園として綺麗に整備されている。

早速登っていこう。

 

f:id:blue_rock53:20211219213626j:plain

石垣はもちろん…

f:id:blue_rock53:20211219213638j:plain

この堀切!!!たまらんですなあ。

堀切とは、人工的につくられた谷であり、敵の進行を妨げる防御施設でもある。

尾根に沿って進行されやすい山城にとっては特に重要となるようだ。

 

見えてきたのは物見台。

この石垣の囲まれ方は敵にとっても恐ろしかったのではなかろうか。

f:id:blue_rock53:20211219213702j:plain

今となってはかなりテンションの上がる光景なのだが。

 

そういえば、この時はまだ半袖で登れてしまう暖かさだった。

葉も緑が美しい。

f:id:blue_rock53:20211219213748j:plain

 

この物見台のすぐ下には、これまた大きな堀切がある。

f:id:blue_rock53:20211219213803j:plain

この狭間を通らなければ先には進めないため、容赦なく集中攻撃を浴びてしまうつくりだ。

f:id:blue_rock53:20211219213824j:plain

 

今も関東平野を望める。戦国時代はどんな景色だっただろうか。

f:id:blue_rock53:20211219213855j:plain

 

赤城山は今日も美しい。

群馬に来てからというもの、赤城山を眺めると何だか落ち着くようになってしまった。

これがグンマ―か…。

f:id:blue_rock53:20211219213912j:plain

 

何気なく撮ったこれ、遺跡感があって意外とお気に入り。

何だかラピュタを見たくなってきたぞ。

f:id:blue_rock53:20211219213930j:plain

 

圧巻の石垣づくり

一通り城を登りきると、実城と呼ばれるゾーンに来る。

f:id:blue_rock53:20211219213953j:plain

生活用水を貯める池や、生活を行う建物なども存在する。

f:id:blue_rock53:20211219214001j:plain

 

そして、この景色である。この張り巡らされた石垣…これを見るために何度も来てしまう。

f:id:blue_rock53:20211219214034j:plain

いわゆる天守閣がつくられるような城とはまた違う、より堅牢な雰囲気。

 

そして、この張り巡らされた石垣がいかにも遺跡という感じであり、当時の姿はどんなものだったのだろうと逆に想像させられるロマンに溢れている。

f:id:blue_rock53:20211219214109j:plain

 

この排水路とか萌えませんか。萌えないはずがない。

f:id:blue_rock53:20211219214121j:plain

 

この建物には釜戸なんかもあった。籠城に備えてのものだろうか。

f:id:blue_rock53:20211219214216j:plain

 

f:id:blue_rock53:20211219214242j:plain

毎度のことなのだけれど、この石垣だけで枚数多めに撮ってしまう。

f:id:blue_rock53:20211219214248j:plain

 

こちらは日ノ池という貯水池。

だが、築城よりも昔から水が湧き出ていたようで、雨乞いなどの儀式が行われる特別な場所だったのではと考えられているようだ。

f:id:blue_rock53:20211219214315j:plain

たしかに、わざわざ周りの床面まで石が敷かれているしね。何だか儀式感を感じる。

 

f:id:blue_rock53:20211219214332j:plain

頂きから再びの関東平野

 

そして、男心をくすぐる立体地形図。これのミニをお土産用でつくってください。

買うぞ。

f:id:blue_rock53:20211219214350j:plain

 

とまあ、こんな感じで何度来てもスルメのようにじっくりと山城を味わえる金山城

群馬にお越しの際は、特に歴史好きの方、ぜひ金山城を訪れてみて頂きたい。

f:id:blue_rock53:20211219214409j:plain


では、本日はここまで。





 

葉の色づきが美しい森林公園で

f:id:blue_rock53:20211204194823j:plain

 

さてさて、お久しぶりのヴェルナー回でございまする。

またしても森林公園で遊んできたわけだが、頻繁に訪れるがゆえに季節の移り変わりによる変化がよく分かる。

ということで、そんな秋らしく彩り溢れる森林公園と、ヴェルナーの様子を綴っていこう。

 

 

一気に色づいた木々たち

f:id:blue_rock53:20211204200507j:plain

ちょうどひと月ぶりほどに訪れた森林公園。

この1か月で一気に色づいたようで、入った瞬間の彩の豊かさに驚く。

 

今年は結局紅葉を撮りに行けなかったなあ。

でもこの緑も相まった黄や紅もなかなか乙なものである。

f:id:blue_rock53:20211204200613j:plain

ちなみにレンズはまたしてもDA★55mmである。

 

どんだけ気に入っとんねんという感じだが、実際気に入っている。とても。

f:id:blue_rock53:20211204200626j:plain

そんなウキウキな私同様、ヴェルナーもウキウキである。

 

いつもよりも前傾姿勢。

f:id:blue_rock53:20211204200640j:plain

 

もうちょっとこの辺りをゆっくり撮っていたいけれども、ヴェルナー氏からの早くドッグランで遊びたいんですけどオーラを感じ断念。

f:id:blue_rock53:20211204200645j:plain

 

走り回るヴェルナー  モフモフ Edition

この日は同じシュナウザーの兄弟もいたりと賑やか。

なかなかシュナウザーはいないので会えるととても嬉しい。

f:id:blue_rock53:20211204200752j:plain

それにしても、だいぶモフモフになったなあ。

f:id:blue_rock53:20211204200833j:plain

まさにヴェルナー モフモフEdition。特別限定ヴェルナー。

 

これはこれで冬らしくて良いだろうか。

f:id:blue_rock53:20211204200913j:plain

 

老練な雰囲気を感じさせる表情。

これでもまだ9か月ちょっとしか生きていない。

f:id:blue_rock53:20211204200947j:plain

 

と思いきややはり甘えん坊な表情。

こういう表情の豊かさはシュナウザーの魅力かもしれない。

f:id:blue_rock53:20211204201027j:plain

 

走れ走れ!飼い主も走るぞ!

f:id:blue_rock53:20211204201035j:plain

 

f:id:blue_rock53:20211204201135j:plain

どう?満足かい?

f:id:blue_rock53:20211204201118j:plain

と思ったらまた走り出す。忙しい犬だな君は。

f:id:blue_rock53:20211204201215j:plain

 

美しい景色で一日を締める

伏せをして休む姿も出るようになり、だいぶご満足な様子。

f:id:blue_rock53:20211204201229j:plain

そろそろ帰ろうか。

f:id:blue_rock53:20211204201241j:plain

この沼地も今日は暖色多めで美しい。 

f:id:blue_rock53:20211204201308j:plain

もちろん帰路の途中も。

f:id:blue_rock53:20211204201302j:plain

あれ、ヴェルナーさんお尻に何かつけてますよ。

f:id:blue_rock53:20211204201352j:plain

落ち葉の音も楽しいし、なかなか気づかない。

あーなんだか脈絡なくただヴェルナーの観察記になってしまったな。

f:id:blue_rock53:20211204201410j:plain

まあたまにはそんな日曜日もいいですかね。

f:id:blue_rock53:20211204201314j:plain

許してください。

 

では、本日はここまで

合掌造り尽くしで旅を締める~五箇山・白川郷~

f:id:blue_rock53:20211106231558j:plain

2回に続いて綴ってきた北陸旅行の記録。

前回まではこちら。

blue-rock53.hatenablog.com

 

blue-rock53.hatenablog.com

 

いよいよそれも最後ということで、五箇山白川郷での記録となる。

合掌造りマシマシだぞ。

 

 

合掌造りの山村を感じる 五箇山

白川郷の陰に隠れがちな同じく世界遺産五箇山

gokayama-info.jp

 

南砺市にある五箇山

合掌造りを生で見るのは初めてなのでめちゃくちゃ楽しみ。

 

ということで早速ど~ん。

f:id:blue_rock53:20211106231648j:plain

うおおおお!この屋根の角度、大迫力な茅葺。

まさに合掌っ!

f:id:blue_rock53:20211106231705j:plain

こちらのお店の方が住んでいるのだろうか?

頬月が秋の雰囲気をぐっと上げてくれる。

 

白川郷のイメージよりもここは本当に山村という感じで

非常にこじんまりとした集落だ。

f:id:blue_rock53:20211106231710j:plain

そして、逆らえない五平餅の香りの誘惑。

f:id:blue_rock53:20211106231722j:plain

ここで少しだけ腹ごしらえをして、白川郷への移動に備える。

 

 

大集落として残る白川郷の合掌造り

さて4〜50分車を走らせるといよいよ白川郷に到着する。

shirakawa-go.gr.jp

 

もはや旅は北陸から中部へ。

駐車場に車を停めて入り口へ。

修学旅行生も多い。今までは観光地でそんな姿を見ても何とも思わなかったが、コロナになってからは「修学旅行行けて良かったな!!!」とこちら側も少し嬉しくなる。

f:id:blue_rock53:20211106231813j:plain

橋を渡ると…

 

何だここは…!五箇山とは打って変わってThe 観光地感。これはこれで好きだけど、五箇山の静かさとのギャップに驚く。

f:id:blue_rock53:20211106231836j:plain

でも合掌造りの建物の数も規模も桁違いだ。

f:id:blue_rock53:20211106231932j:plain

とてつもなく大きな茅葺き屋根だと、寄って切り取りたくもなる。

f:id:blue_rock53:20211106232000j:plain

こちらは今も住んでいる方がいらっしゃるおうち。居住スペース以外を開放してくださっている。

f:id:blue_rock53:20211106232013j:plain

資材は基本的に自分たちで用意できるものでつくっているからだろうか、こうした縄を多用している。

f:id:blue_rock53:20211106232030j:plain

 

二階からはとても美しい景色が見える。これはサムネ決定ですわとシャッターを切っていた。

f:id:blue_rock53:20211106232055j:plain

ちょうど日が傾いてきた時間だったこともあり、暖かい日差しが余計に秋らしさを感じさせてくれる。

f:id:blue_rock53:20211106232156j:plain

このススキとか、The秋な感じでしょ。

 

結局のところ、この白川郷でもDA★55mm一本勝負だった。最近の旅行はDA limited 20-40mmに頼っていたのだが、単焦点一本で歩くと気合が入るな!

 

そんなこともあって撮りまくりであった。

f:id:blue_rock53:20211106232223j:plain

 

集落の奥に鎮座する白川八幡神社

広大な白川郷を練り歩き、奥まったところに神社を見つけた。

神社の手前もこんな感じで賑やか。

f:id:blue_rock53:20211106232449j:plain

こちらは甲子園風味の合掌造り。

ヘチマに目が奪われる。

f:id:blue_rock53:20211106232501j:plain

そしてたどり着いた白川八幡神社

f:id:blue_rock53:20211106232523j:plain

この鳥居がとても印象的でついつい見とれてしまう。

f:id:blue_rock53:20211106232537j:plain

創建は西暦700年頃とされ、1300年ほどの歴史を持つとされる。

f:id:blue_rock53:20211106232548j:plain

ここだけは白川郷の中でも雰囲気が全く異なり、ここだけは凛と澄んでいる。

f:id:blue_rock53:20211106232612j:plain

1000年以上もここ白川郷を見守ってきたこの神社は、今の白川郷に何を思うのだろうか。

 

いつ頃からこの地域に人が住み始めたのか、なぜ冬は雪深く寒さの厳しいこの場所を選んだのか、詳しくは分かっていないという。

 

いつからか養蚕を生業にすることで必要とされてきた合掌造り。

一時は絶滅の危機にもあったが、こうして観光地化することで生き残った。

f:id:blue_rock53:20211106232829j:plain

 

今もこうして実際に見れることに感謝しつつ、また雪の白川郷もこの目に焼き付けたいと思いながら車に戻った。

きっとまだ実際に訪れたことが無い方は、その期待以上の美しさに驚くことと思う。

 

ぜひコロナも落ち着いてきた今日この頃にチャレンジされてはいかがだろうか。

 

では、本日はここまで。