ごみと青い岩

雨の後楽園と思い出とふたり

f:id:blue_rock53:20210925214102j:plain

緊急事態宣言中ではあったのだが、大学時代の恩師にある書類にサインをもらうため、半年ぶりに東京へ行ってきた。

 

 

美化されるべき思い出

東京へ着いたのは日がほぼ沈みかけていた夕方。

よりによって雨がぱらついていた。

 

少しでも濡れると風が冷たい。もう秋だなあ。

先生とは喫茶店で待ち合わせをしていた。

f:id:blue_rock53:20210925214120j:plain

お互いマスク越しだが、2年ぶりの再会に笑顔であることがすぐに分かった。

直接会うのは2年ぶりだが、定期的にWebでは話していたからぎこちなさはない。

 

私は、この先生に大学のゼミで3年間お世話になった。

所詮文系のゼミなんて…というイメージを粉々に打ち砕く厳しさで、卒業生たちはもう二度とやりたくはないと誰もが言う。でも、同時に時々戻りたくなる場所でもある。

f:id:blue_rock53:20210925214147j:plain

「研究者になったのは研究が好きなのもあったけど、ゼミの場を通じて教育者になりたかった」と、ある時先生が語っていた言葉が頭に残っている。

 

「そんな先生が大学にいるのか」と驚くのと同時に、この場を選んだ自分自身も少し「よく選んだ」と誇らしくなったのを覚えている。

f:id:blue_rock53:20210925214203j:plain

本当はお酒でも呑みながら思い出話に花を咲かせたかったが、今日はコーヒーで我慢。

 

「改めておめでとう。じゃあまた。」

 

そう言って先生はいつものようにスタスタと歩いていった。

f:id:blue_rock53:20210925214208j:plain

外に出るとすっかり夜で、雨もザーッと音が聞こえるほど強くなっていた。

 

天気とは正反対に、私の隣を歩く人はずいぶんと満足気だ。

私は、先生にせっかくサインをもらった書類を役所に出すまで濡らすなよと、不安げに手提げを見る。

f:id:blue_rock53:20210925214232j:plain

雨で濡れているから余計にキラキラと美しく見えるドームシティ。

 

こんな雨が降っているときに傘もささず、この辺りを終電目指して走っていたのは、一体いつだったろうか。

f:id:blue_rock53:20210925214251j:plain

思い出は美化されがちだけど、別にこの思い出が美化されて損することは一つもない。

だから、余計にこの雨に濡れて光るドームシティは余計に美しく見える。

 

今は学生の時とは違ってきちんと傘をさす。

2人ともさすがに無理はできなくなっている。少し嘆きたくもなるが、今はその分色んな意味で少し余裕も出来た気がする。f:id:blue_rock53:20210925214257j:plain

 

なぜ結婚するのか?

もう時代は令和だ。性別や家族のあり方にも色々ある。

別に結婚しなくても問題はない。

 

だからよくこういう「なぜ結婚するのか」という疑問がネットに転がっているのも不思議に思わない。

 

自分自身もそういうことを考えるかと思っていたのだが、案外当事者になるとそんな理由を考えることはなかった。

f:id:blue_rock53:20210925214317j:plain

少しでも迷いがあるときは何かと理由を考えたくなるものだ。

レンズにしろ、クルマにしろ。迷いながらももっともらしい理由を見つけて決済する。

 

そうだ。結婚することに迷いが無かったから、結婚する理由を考えようとしなかったんだな。

f:id:blue_rock53:20210925214355j:plain

 

え、レンズやクルマと一緒にするなって?

でも私の人生上、迷いがない即決ってそうそうないですぞ。

f:id:blue_rock53:20210925214411j:plain

 

ということで、この度Gomi家は2人と4本足1匹の家族となりました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

では、本日はここまで。

 

森林公園(埼玉)でマイペースに楽しむミニチュア・シュナウザー~国営武蔵丘陵森林公園~

f:id:blue_rock53:20210926152823j:plain

 

 

東京ドーム65個分というイメージできない広さの国営公園武蔵丘陵森林公園のドッグランへ行ってきた。

 

東西1km南北約4kmの化け物公園

www.shinrinkoen.jp

 

何という広さなのか…。Googleマップで見るとよりその広さに驚く。

そして、"国営"というワードの強さ。

明治百年を記念して整備されたここ武蔵丘陵森林公園

 

駐車場は4つほどあるが、ドッグランに一番近いのは北口の駐車場だ。正反対の南口などにとめようものなら、30分ほど歩かねばならないらしい。恐ろしや。

f:id:blue_rock53:20210926152909j:plain

アスレチック広場や植物園など様々な施設が揃っている。

私たちはヴェルナー氏にドッグランへ向かうよう無言のプレッシャーを受けているため、ドッグランめがけて突き進む。

 

その間は森林浴をしながら歩くことができる。

f:id:blue_rock53:20210926152925j:plain

そういやまた山歩きを再開しようと思っていたのにもう9月も終わってしまう。

 

登りで息を切らしながら少し立ち止まってシャッターを切り、呼吸を整えてまた歩き出す。そんでもって、テン場(テントを張れる場所)に着いたらお湯を沸かしてコーヒーを飲んで黄昏たりしちゃって。そんなことをまたやりたい。

f:id:blue_rock53:20210926152930j:plain

そのためにもヴェルナーに付き合って体力を練成しよう。

 

2つのドッグランではしゃぎまくる

さて、いよいよドッグランへ着いた。ちなみに、1回目に来たときはドッグランの様子を撮りそびれたため、この記事には2日分のドッグランでの様子をのせていく。

 

ここは、大型犬~小型犬も入れるフリーエリア。私はここを無差別級エリアと呼んでいる。

f:id:blue_rock53:20210926153003j:plain

アジリティーを練習できるスロープなんかもあって、想像以上に広い。

 

一通りリードをつけたまま慣れさせた後、この甘えん坊を解放する。

どうだい?遊べそうかい?

f:id:blue_rock53:20210926153156j:plain

基本属性がビビりなヴェルナー氏は、犬の群れから少し離れた場所から様子を伺う。

 

あれ、ヴェルナーどこ行った?

 

と思ったらひょっこり。プレーリードッグか貴様は!

f:id:blue_rock53:20210926153230j:plain

スロープで上がって楽しむ遊具だぞ。ここはヴェルナー軍の橋頭保ではないぞ。

f:id:blue_rock53:20210926153242j:plain

他の犬に絡んでは少し走り回ってまた様子を伺う。

どうやら戦闘機乗りもびっくりの一撃離脱戦法に徹しているらしい。

 

ja.wikipedia.org

 

戦闘機での格闘戦をドッグファイトなんていうけど、本当に犬同士が走り回るときもドッグファイトなんだよね。攻守を巧みに入れ替えながら追いかけあってる。

 

そして、ヴェルナーは向こうで戯れている犬たちが気になる。行ってこい!

f:id:blue_rock53:20210926153255j:plain

 

「いえ、あっしはここで十分です」とのんきに座りだした。相変わらずマイペースな犬である。

f:id:blue_rock53:20210926153312j:plain

 

人間が好きすぎて撮影会と化す

こちらは別日。せっかくのドッグランなのだから犬たちと走り回って欲しいのだが、少し遊ぶとすぐに戻ってきてしまう。

f:id:blue_rock53:20210926153353j:plain

それならば、ということでもはやポートレート撮影会のごとく撮る。

f:id:blue_rock53:20210926153406j:plain

 

それにしてもデカくなった。迎えたときは4キロ弱だったのだが、今や7.4キロほどある。迎えた当初は、片手で抱っこも出来たが今は辛い。でも、しっかり大きくなっていることを実感できてそれが嬉しい。

成長してくれるのってこんなに嬉しいものなのだなあ…。

f:id:blue_rock53:20210926153442j:plain

去勢手術も乗り越えて元気にすくすく成長中だ。

 

おーい、ヴェルナーと呼ぶと、こんな感じですぐにカメラ目線をくれる。

「いいね~目線ありがとうございます」と返してシャッターを切る。

f:id:blue_rock53:20210926153501j:plain

 

毎回出かける時はカメラを向けているから、向くと褒められると認識しているのだろうか?いずれにしても、ヴェルナーを言い訳にポートレートを撮りやすいレンズを買いたくなる。

 

ヴェルナーさん、買ってもいいですか?

 

「エサさえくれればいいですよ」

f:id:blue_rock53:20210926153520j:plain

 

ありがとうございます!!!

 

ということで…。

 

では、本日はここまで。

 

軽井沢高原教会キャンドルナイトでX100Fを使い倒す

f:id:blue_rock53:20210917222800j:plain

 

 

2年ぶりの再訪

軽井沢自体はよく来る場所だが、案外この星野リゾート周辺は来ないもので、2年前にキャンドルナイトに来た以来だ。

blue-rock53.hatenablog.com

 

今回は、高感度耐性が強いX100Fを装備しての参戦。

2年前はまだ日が沈む前から入れたため、K-3でもそれなりに撮れたが、今回は予約制のため完全に夜。

 

でもX100Fがいるからなっ!誰に向けての宣言なのか自分でもわからないが。

 

会場に到着する前のこんなところでも撮りだすウキウキよう。

f:id:blue_rock53:20210917222831j:plain

だってこういうの好きなんだもの!!!

f:id:blue_rock53:20210917222843j:plain

実はひっそりと写りこむヴェルナー。

f:id:blue_rock53:20210917222920j:plain

 

さて、モノクロで撮るのはこれくらいにしておこう。

 

コロナ禍のキャンドルナイト

8月一杯で終了している訳だが、コロナ禍ということで完全予約制。

candle.karuizawachurch.org

 

この日はキャンドルナイト最終日の最終予約枠「21時~21時半」

 

しかもこの日は金曜日。仕事を終えてのんびり車を走らせてきた。

最近一番気に入ってるスルメアルバムを流しながら、窓を開けて軽井沢の心地よい風に吹かれる。ちょっと特別な週末のスタートを切る。

open.spotify.com

 

そんな感じでご機嫌に会場到着。

f:id:blue_rock53:20210917222959j:plain

キャンドルの暖かさとは違う華やかな明るいライトで照らされる木々。

これが反射して会場全体をすこし明るく見せているような気がする。

f:id:blue_rock53:20210917223147j:plain

どうですかこの"素敵"という言葉がとてもお似合いなこの景色。

f:id:blue_rock53:20210917223209j:plain

本物のキャンドルが入っているランタン。

何でもLED化されている昨今。豆球すら暖かく感じるのに、火の灯はズルすぎる。

f:id:blue_rock53:20210917223426j:plain

キャンドルの明かりのせいなのかは分からないけど、とにかくこの会場の雰囲気がとても暖かい。

 

時々肌寒くも感じる涼しい風が吹く、心地よい軽井沢の夏の金曜夜。それだけでも笑顔になれるもの。そりゃみんななるか。

f:id:blue_rock53:20210917223434j:plain

 

教会周辺とキャンドルツリーは大人気

やっぱりこの辺に人が集中する。

f:id:blue_rock53:20210917223523j:plain

綺麗だもの。仕方ない。

f:id:blue_rock53:20210917223529j:plain

ヴェルナーがいるので中にお邪魔するのは遠慮したが、次回は中に入ってみたいな。

f:id:blue_rock53:20210917223516j:plain

 

綺麗なお姉さん方から「かわいいね~」と話しかけられているヴェルナーに嫉妬しながらも、私は黙々と写真を撮る。

f:id:blue_rock53:20210917223642j:plain

いいなあ。お姉さんにちやほやされたいよ俺も。

そうヴェルナーに話しかけても「当然やろ」という顔しかしない。

 

ペットショップを転々としたヴェルナーにとっては、かわいいと言われるのは当然だと思っている節が絶対にあると思っている。

f:id:blue_rock53:20210917223650j:plain

ヴェルナーに妬きながら歩いていると、ついにキャンドルツリーにたどり着いた。

 

でも行列ができている。どうしようか。う~ん別に並ばなくてもいいや。

 

ということで脇から何枚か。

f:id:blue_rock53:20210917223752j:plain

綺麗なんだけどわざわざ2ショットはいいかって感じでスルー。

そんなドライな感じの我が家もそれはそれで好きである。f:id:blue_rock53:20210917223757j:plain

本当は1泊したかったのだが、この日はどこも満室。

f:id:blue_rock53:20210917223827j:plain

そりゃそうだよね。こんな日はお酒を飲んで身体を火照らせ、感じる風をさらに心地よくしたい。

f:id:blue_rock53:20210917223850j:plain

え、やっぱり飲んじゃう?泊まっちゃう?

だって金曜だもん。

 

何度この思いが身体の中から湧き上がっただろうか。

f:id:blue_rock53:20210917223855j:plain

この日は大人しく帰ったが、それはそれでご機嫌な金曜の夜中のドライブであった。

今度は事前に宿を取ろうか。

 

では、本日はここまで。

街中に現れる圧巻の松林~敷島公園~

f:id:blue_rock53:20210902210508j:plain

 

 

県民憩いの場

広い公園でのんびりとしたい、と思うのはコロナになってから余計だろうか。

それとも、やっぱり犬がいるからだろうか。

 

9月に入ってからブログを書き込む余裕が全くなくなってしまい、気づいたらもう2週目も終わり。

 

最近はだいぶ涼しくなったが、これはまだ8月の暑い休日、

群馬は前橋にある敷島公園へ行ってきた。

shikishima-park.org

 

家の近所以外を散歩するのは少し久しぶりなヴェルナーも一緒。

f:id:blue_rock53:20210902210747j:plain

ここはボート池のようだが、やはり水辺がある公園はそれだけでのんびりとした気分になれる。

f:id:blue_rock53:20210902210752j:plain

風で揺れる水面とか、その上をすーっといくカモたちを観察したり。

f:id:blue_rock53:20210902210757j:plain

そんな風にのんびりと落ち着ける気がする。

子供の頃にじゃぶじゃぶ池のある公園で遊びまくった記憶が、そうさせているという説もあるが。

 

f:id:blue_rock53:20210902210801j:plain

カルガモの群れ。

ああ鴨肉最近食べてないな。ごめんね。そんなこと考えて。

でもあのしっとりとした甘みのある脂が後を引く。あれはアイガモだけど。

 

鬱蒼とした松林を歩く

f:id:blue_rock53:20210902210837j:plain

ボート池のすぐ近くの入り口から、早速公園に入る。

そして、これは本当に前橋の市街地の中にある公園とはとても思えない景色だ。

 

f:id:blue_rock53:20210902210903j:plain

元々ここは小出河原と呼ばれる景勝地で、大正時代には前橋市の公園として、昭和には群馬県立の公園として敷島公園が整備された。

 

昔はここで林間学校も行われていたようだ。

www.jomo-news.co.jp

 

うん、たしかにこれは林間学校も開かれる訳だ。

周りは住宅街もある市街地だ。そこにこの鬱蒼とした松林はどこかアンマッチなのだが、それが逆に少し神秘的だ。

f:id:blue_rock53:20210902210909j:plain

 

新車のティザー広告風なヴェルナー。

" The All New Wernher Coming Soon..."

f:id:blue_rock53:20210902210940j:plain

↓こんなやつね。

response.jp

 

そうそう、今日のカメラはX100F。やっぱりお散歩にはコイツの軽さと手軽さがいい感じ。

f:id:blue_rock53:20210902211147j:plain

想像以上の鬱蒼とした松林に終始圧倒されてしまったが、芝生の広場なんかもある群馬県民憩いの地だ。

長年愛されている理由が、来るだけで分かる。そして、また来てしまう気がする。

そんな素敵な癒しスポットだった。

 

君も満足かい?

f:id:blue_rock53:20210902212816j:plain

 

では、本日はここまで。

 

軽井沢で男一人犬一匹ぶらり旅 県を跨ぐ熊野皇大神社ほか

f:id:blue_rock53:20210828104740j:plain

 

お盆休みのある日、あまりの暑さに避暑地へ避難しようと決意した。

避暑地といえばやはり軽井沢な訳で、まだ未踏の地であった旧碓氷峠にある熊野皇大神社へ向かった。

 

 

ふたつの県を跨ぐ熊野皇大神社

場所はここ。御覧の通り、旧碓氷峠に位置する立地の悪さである。

でもそれが逆に冒険心を誘うというわけで。 

 

ということで やってきた。でも道中の道は幅も狭く、運転に慣れていない人にはなかなか厳しい(心理的に)と思う。私もコペンではなく、レヴォーグだったらちょっとヒヤヒヤだったな。

f:id:blue_rock53:20210828104806j:plain

 

参拝者用の駐車場はこの辺にある。無料だが、4台ほどしかないため競争率は高い。

満車時は、食事をするついでにお店の駐車場停めさせていただく等必要かもしれない。

(食事で駐車場割引などあるよう)

 

さてさて、ついにやってきた熊野皇大神社。一応ここは犬も同伴できるということで、犬連れも多い。

f:id:blue_rock53:20210828104800j:plain

 

ここは群馬と長野の県境に位置している神社で

 

f:id:blue_rock53:20210828104841j:plain

 

このように県境が随神門の下に埋め込まれている。

f:id:blue_rock53:20210828104906j:plain

 

早速中に入ってみると、思いのほか規模はこじんまりとしていることに気づく。

f:id:blue_rock53:20210828104930j:plain

 

熊野神社」の文字。実はこの神社は、群馬と長野で名称が異なる。長野側は「熊野皇大神社」、群馬側は「熊野神社」と2つの名前がある。

f:id:blue_rock53:20210828104951j:plain

 

戦後から都道府県ごとに宗教法人を登録することが定められたためのようだ。

f:id:blue_rock53:20210828105013j:plain

 歴史も古いこの神社(ヤマトタケルがきっかけ)は、この県境に跨る珍しさや歴史の古さも相まって隠れた人気を誇っているらしい。

f:id:blue_rock53:20210828105033j:plain

それなりに奥まった場所にあるが、人はひっきりなしにやってくる。

 

ほぼ山の頂上に位置することもあり、ふとファインダーを覗くのをやめて黄昏ていると、とても気持ちの良い涼しい風が吹く。

f:id:blue_rock53:20210828105051j:plain

 

江戸時代は中山道の要所でもあった軽井沢。参勤交代で通る大名たちも参拝したという。

f:id:blue_rock53:20210828105058j:plain

そうそう、この神社の由来にはヤマトタケルが関係していると言ったが、その関係で八咫烏がシンボルとなっている。

 

ヤマトタケルが東征の帰り道、「あかん霧で完全に道見失った」と絶望に暮れていた時。

紀の国熊野山のヤシの葉を加えた八咫烏が現れた。

f:id:blue_rock53:20210828105141j:plain

八咫烏「ついてきな(渋い声)」

 

ってことで無事に碓氷峠八咫烏の誘導で越えられたヤマトタケル

この出来事に感謝し、この地に熊野神を移したのが由来とのこと。

 

f:id:blue_rock53:20210828105147j:plain

 

八咫烏つながりでサッカー関係の祈願をしに来る人もいるのだとか。 

 

碓氷峠見晴台で再び県境遊び

f:id:blue_rock53:20210828105220j:plain

さて、神社の参拝も終えたため近くの碓氷峠見晴台へ。

 

そうそう、ヴェルナーも共に来ています。

f:id:blue_rock53:20210828105226j:plain

 

涼しい緑の中を歩いていく。日頃の散歩道もこれくらい涼しいといいのだが…。

f:id:blue_rock53:20210828105300j:plain


そして、10分かからないほどで着いたぞ!おひょ~いい景色。

f:id:blue_rock53:20210828105255j:plain

 そして、ここにも県境。

f:id:blue_rock53:20210828105341j:plain

謎の遺跡風に県境もある。

f:id:blue_rock53:20210828105348j:plain

や~いヴェルナーは群馬側~!なんて煽る遊びもできるぞ。

f:id:blue_rock53:20210828105410j:plain

ここも吹き上がってくる風がとても気持ち良いのだが、お腹がぺこぺこのため街の方へ下りるとしよう。

f:id:blue_rock53:20210828105416j:plain

 

SAJILO CAFE FORESTで別荘持ち風を装う(バレてる)

ヴェルナーも連れているため、犬が同伴できるお店に入らねばならない。

 

ってことで来たのはここ。

 

 犬一匹連れてる男一人って少ないから、ちと恥ずかしいのだが

ここは割り切ってさも近所の別荘から散歩ついでに飯食いに来ましたよ感を出そう。

f:id:blue_rock53:20210828105721j:plain

それにしてもお洒落だなあ。なんでもテラスハウスでも使われたことがあるらしい。

写真だけ撮っていく人たちもいる。

f:id:blue_rock53:20210828105726j:plain

「写真ダケ撮ッテイクナンテ信ジラレナイ。オ客サンモイルノニネ」と店員さんはボヤいていた。

f:id:blue_rock53:20210828105731j:plain

ヴェルナー「そうっすね。んで、私の食べるものあります?」

f:id:blue_rock53:20210828105745j:plain

圧力に屈した私は少しだけおやつを上げて、このカレーを食す。

 

本日のカレーはバターチキンカレー!クリーミーでとてもおいしい。

何度でも口に運びたくなる後引く味。

f:id:blue_rock53:20210828105759j:plain

だいぶ日本人好みにマイルドな感じになっているだろうか。

私はもっとガツンとスパイス効いてても全然いけるが、これはこれでやっぱりおいしい。

 

お供はもちろんナン。軽めでサクフワ系。ほのかな甘みがカレーとマッチして最高だ。

f:id:blue_rock53:20210828105839j:plain

 

さて、では我々の移動式別荘(コペン)に戻ろうか。

ヴェルナーとともにお店を後にし、旧軽をぶらりして帰投。

 

やはり休日の軽井沢はこれくらいのんびり過ごすのが丁度よい。

今回は盛り込みすぎたかな。

ま、8月も最後だしね。

 

では、本日はここまで。

 

犬と暮らすということ

f:id:blue_rock53:20210812113321j:plain

 

ヴェルナーを迎えてから早3か月になろうとしている。

犬を飼うのは初めてなため、たくさんの不安や楽しさをこってりここ数か月味わっている。

 

特にこの情報社会の中で犬を飼うというのは、何だか難しさがあるように感じる日々だ。コロナで出かけられないし、久しぶりに雑記シリーズで文章長めに綴ってみたいと思う。

 

 

 

情報が多過ぎる

この世には犬の情報が多過ぎる!!!

 

ほんとに私も吠えたくなる。 

 

第一の壁。何も犬に限った話ではないが、情報が多過ぎてどれを参考にすれば良いのか全く分からない。

媒体だって本からネット記事、YouTubeまで様々ある。

 

 プロなのか素人なのかも分からんHow to しつけ動画は腐るほどある。

普通に情報に溺れそうになる。

f:id:blue_rock53:20210530212855j:plain

 

果たしてどのやり方が正しいのか?何が合っているのか?

 

何となく自分たちなりにやってはみるけど、なかなかうまくいかないことも多い。

伏せ一つを覚えさせるにもたくさんの方法が出てくる。

 

f:id:blue_rock53:20210821203501j:plain

 

これがヴェルナーにはどうにもハマらないものと、ハマるものがある。

犬の個性って本当にあるもんだなと思い知らされるとともに、どうしたものかとやっぱり頭を悩ますことも多い。

 

とことん向き合うしかない

これ、もう恋愛と同じなんではないかと思う。

 

うちの犬がこんな仕草してるのはどういう意味なのだろう…ってのをひたすらネットで漁ってみたり、しつけの仕方をひたすら調べてやってみたり。

 f:id:blue_rock53:20210821212730j:plain

これって恋愛でいうところのこんな無意味な行動と同じ気がしてきている。

 

ひたすら恋愛テクニックの情報を漁ったり、好きな人が自分に気があるのかどうかを心理テストで探ったり、「私にこんなことしてくれた!!!これって絶対私のこと好きなサイン!!!」ってそこら辺のまとめサイトにある好きサインはこれだ!的なものと照らし合わせたり…。

こんな話をされたら、「いやいやその好きな人は同じ行動とるかわかんねえぞ」と、とてもやさしくアドバイスを送るだろう。

 

結局、自分の好きな人がどう思っているのかなんてデートに誘ってみるとか、積極的に話したり向き合ってみないと一生分からない。

 

f:id:blue_rock53:20210821212824j:plain

 

犬も性格は一匹一様な訳で、とことん犬と向き合ってみるしかないのだろうと思う。

 

どんな表情をしているか?これをしたらどんな行動を見せてくるか?

今までと何か変わっていないか?

 

結局、正解探しをしても意味はないのだと思う。

 

慈しむ幸せ

ひとつの生命を育てる。大変で難しい。

そりゃそうだ。社会人になって自分で暮らすことすら、いざ実家を出てみたら結構大変だ。

 

f:id:blue_rock53:20210821212942j:plain

それが自分以外の生命を預かる。そりゃ大変なのは当たり前だ。

それに加えて色々頭をひねってコミュニケーションをとらないといけない。

言葉で言っても伝わらないのだから。

 

でも、その大変な中でも愛情を注ぐときちんと返してくれる。

f:id:blue_rock53:20210821213131j:plain

最近はだいぶ飼い主として認定されたか、家に帰った時やホテルに預けて迎える時や、とてつもなく激しいしっぽフリフリをして迎えてくれる。

 

すこしづつ言う事を聞いてくれる範囲も広がってきている。

 

ソファーで寝転ぶ私と一緒に寝てくれる。

 

大変さ以上の幸せな瞬間で返してくれる。

ああ、これが慈しむ幸せというやつなのだろうか。

 

だらだらと書き連ねたが、要は楽しいということだ(雑)

私はまだまだ新米飼い主だから、これからまたヴェルナーと共に成長させてもらおうと思う。

 

また成犬になったころにでも振り返ってみよう。

 

では、本日はここまで。

 

スキー場の夏は花の園~たんばらラベンダーパーク~

f:id:blue_rock53:20210811205235j:plain



 

これも先月だが、スキー場の場所を使って開かれているラベンダー畑へ行ってきた。

リフトもあるしなかなかワクワクできるスポットであった。が同時に、スキーの季節が

恋しい管理人であった。

 

 

実はスキーでもここは来たことが無い。

www.tambara.co.jp

 

 山の上ということで、下界に比べれば10度近くも涼しいときもある。

この日は灼熱で、買ったソフトクリームが瞬時に溶け始め3口で食べなければならなかったほど…。

では、早速園内に入ってからの様子を綴っていこう。

 

ヒマワリでテンションを上げてリフトへ!

ここは犬の同伴も可で、ドッグランもあるということから犬連れも多い。

まあ私もその一部なのだが。

f:id:blue_rock53:20210811205302j:plain

序盤は少し拍子抜けしてしまう量のラベンダーと、ヒマワリがお出迎え。

 

鼻の良いものにとっては少量でもたまらんらしい。

f:id:blue_rock53:20210811205318j:plain

こちらはひまわり畑。そういえばこうしてひまわり畑を見るのは数年ぶりだ。

f:id:blue_rock53:20210811205352j:plain

 夏だねぇ。

f:id:blue_rock53:20210811210407j:plain

 太陽も良い感じにヒマワリを照らしてくれる。と同時に我々の体力もどんどん奪う。

ヤバい…そろそろ発火しそうだ。

 

この日の日差しは本当に殺人的で、いかに空気が多少涼しくても大気圏に突入するクラウンになりそうだ。(唐突なガンダムネタ)

f:id:blue_rock53:20210815160303p:plain

 

おかげでヒマワリは夏らしい雰囲気の中撮れるけど。

f:id:blue_rock53:20210811205410j:plain

 

ヴェルナーも「溶けちまうぜ旦那…」と言っている。

f:id:blue_rock53:20210811205437j:plain

 

ちなみに、今はまた毛玉から犬の姿を取り戻しております。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

gomi(@komitaro1900)がシェアした投稿

 

そして、お次はリフトに乗って更なるラベンダー畑へ向かう。

リフトはテンション上がるな!f:id:blue_rock53:20210811205456j:plain

夏のリフトってスキーのリフトよりも興奮しない?

 

「普通。そんなことよりも暑いぜ旦那…」

f:id:blue_rock53:20210811205520j:plain

しょうがないなあ。備え付けの傘さしてやるよ。 

 

リフトには傘が備え付けられているので、日傘代わりに。

確かに日差しの辛さはだいぶ和らぐ。

f:id:blue_rock53:20210811205514j:plain

さて、もう少しでつくぞ。 

 

一面のラベンダー畑を楽しみ、冬の楽しみを妄想する

f:id:blue_rock53:20210811205552j:plain

ということで、少し標高が上がったラベンダー畑へ。

おお!こちらは密度もあいまってとてもきれいだ。

 

f:id:blue_rock53:20210811210318j:plain

 

ポートレート撮影をしているグループなんかも。

f:id:blue_rock53:20210811210325j:plain

夏の青い空に深緑の葉にラベンダー。群馬から出ていなくともこういう光景を見れるとは、なかなかにお得な気分だ。

f:id:blue_rock53:20210811210333j:plain

でも、やっぱり富良野のラベンダーは見に行きたい。

最近は涼しいけど暑いしね…北海道に脱出したい。

 

札幌じゃ最近は暑いようだから、知床とかまで行っちゃって!

f:id:blue_rock53:20210811210502j:plain

 

ふう…それにしても日差しがキツイ。木陰で休憩。

f:id:blue_rock53:20210811210524j:plain

 

ハートの映えそうなやつもある。

f:id:blue_rock53:20210811210616j:plain

 

帰りはスキー場の面影を見ながら歩く。

f:id:blue_rock53:20210811210551j:plain

 おお、ここは気持ちよさそうな広いコースだ。

スキー行きたいな。え?スキー行きたくない??

f:id:blue_rock53:20210811210648j:plain

あああヤバいぞ、とってもスキー行きたいぞ。

はてさて、まだまだ8月だというのに困ったものだ…。

f:id:blue_rock53:20210811210655j:plain

 

では、本日はここまで。

 

 最新の動くヴェルナーはこちらのごみと青い岩YouTube分室まで。